planetplants’s blog

ホロスコープについて はたまた 日々の雑感など。

ホロスコープセッション

趣味の延長で、何となく始めたホロスコープセッション。

 

はじめてお代を頂戴してホロスコープを読ませていただいたのは今年の二月だったか…

まだ新潟にいて、カフェでのセッションだった。 

 

人から人へのご紹介で、ありがたいことに途切れなくご依頼をいただいています。

 

今日も突然、思いがけないお二人からお声が✨

嬉しいな~✨

 

こども二人を育てながら、家事・育児の合間を縫っての学びはそんなに楽なものではない。

けれどもずっと続けているのは、やはり私自身が楽しんでいるからなんだろうな。

 

セッションを重ねるうちに、私自身の特徴、強みが分かってきました。

 

それは「その人自身」を客観的にしっかり捉えること。

 

私はアセンダント水瓶座

私がベースとしている古典占星術では、水瓶座土星が支配しています。

(現代的には天王星)

そして、土星は天秤座にあります。 

 

アセンダントの支配星のある場所は、生まれた時から目指す方向性の1つなのだとか。

(以前、沖縄の自然療法ひかりあめ ゆうすけさんのホロスコープ療法を受けたときに教えていただきました)

 

8ハウス天秤座土星

人間関係の中で深みを探る。

 

私は生まれたときから"ここ"を目指している。

 

最近、この意味がとてもしっくり来るようになりました。

 

若い頃は自己表現が下手で、人付き合いが苦手だった。。 

 基本人見知りですので、今でも、どこでもだれでも大丈夫!とはなりませんが、昔より人との交流を楽しめるようになってきた自分がいます。

 

これはホロスコープを学んだお陰かもしれません。

 

人間関係の悩みというのは、極論、他者と自分の違いではないでしょうか。

 

それが、チャートを見ることでストン!と腑に落ちてしまって。

 

本当に、一人一人の天体配置はすべて違う。

 

南半球にばかり星が集まっている人もいれば、ほとんどが北半球に集中しているひともいたり。

とあるサインに3~5個も天体が入っていたり。

ご家族での鑑定の機会もいただきまして、そうすると家系的な影響?と思えるような、共通の配置もあったりします✨

 

私は風星座が10個中5個、と風が強めなために、チャートの違い=バラエティ豊かな個性、というのが頭で納得できスッキリしたのでした。

(ちなみに風星座とは双子座、天秤座、水瓶座

思考、情報偏重の傾向(笑))

 

そこからあまり悩むことがなくなったように思います。

詳しくはまた後日にでも。

 

また、星を読む方々のブログを拝見していると、水星座強めな方は感情重視!な記事を書かれていたり、太陽火星座の方の記事からはお仕事に対する「誇り」を感じたり。

 

それぞれの天体の影響を感じるな~なんて思いながら読んでいます。

 

私は天秤座(=人間関係のバランスがテーマ)にソーシャルプラネット、他者との関わりにおいて使う天体である木星土星があるからか、何かに"偏る"ことを避けている節があります。

主観に偏ることなく、人を見ようとしているのかもしれない。

 

更には、この2つがタイトに重なっている(合、とか、コンジャンクションと言います)為に、他者に対して寛容でありたい自分とルールはきっちり守ろう!と思う自分がいて、度々葛藤も抱えます(笑)

 

星が全てを決めている、という表現はしっくり来ませんが、私たちが天体の影響を受けているのも事実。

 

そんな訳で(?)改めて自分のホロスコープセッション、今後の方向性について考えた日でした。