planetplants’s blog

占星術×潜在意識×フラワーエッセンス 自己探求の記録と日々の雑感。

思考の整理としてのつぶやき。

グラウンディングしている人の言葉って、グラウンディングしていない人に届くのだろうか?

(※「グラウンディング」という言葉も違う気がするけど、しっくり来るものが浮かばない)

 

人は基本「自分の正しさ」を証明したがる生き物、ということを自覚しているかいないかで、何かが違ってくるなぁ。 

 

 

たまに「意識が高い」という言葉を見かけると、違和感があって。 

 
何かを「高い」と言うと、暗に他が「低い」と言っているように感じる。

 

 

ただ、風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)は二元論のエネルギーというし、私は10天体中5個が風なのでそういう捉え方をしがちなのもかもしれない。

 

 

違う視点の人に自分の考えや想いを伝えたいとき、どういう表現が効果的なんでしょうね。

 

 

Facebookのタイムラインを見てると、色んな方が色んな主張?をされているので、ふとそんなことを考えます。

 

 

極論、他人の幸せって自分には関係ないですよね。


(それがいい、という意味ではなく「皆幸せ」が理想だと、思ってはいますけど)

 

 

それを踏まえると、自分の想いを伝えたい、こうなってほしい、と思うのは全て「自分の理想通りに他人を動かしたい」ということではないのかな。

 

 

…と、色々考えてみても、表に見えなければピエロみたいなもの。

 

 

見たままのみを捉える人もいますね。
それもしょうがない。 

 

 

NVCは、こういったこととも関係してくるのでしょうか。

 

 

私は他人の幸せに興味がありません、という意味でもなく、単なる、そういう考えということで(^^)

 

 

書いていて気づいたのが、つまり私はこういった主張をしたくなったんだな。


ということは、この考えの中に「自分の正しさ」を見たのだな。

 

まだまだ私も二元論の中にいるな。

 

 

最近、こういった禅問答?のようなことがぐるぐると頭を巡っております(-.-)

 

私を含め、自分の中の矛盾というのはたくさんありますね。

そういうところが見えると、ついつついてしまいたくなるのが人の性のようなものなのでしょうか。

まだまだですね~