planetplants’s blog

ホロスコープについて はたまた 日々の雑感など。

磁気共鳴する水 2

※妄想的な長文ですので、興味のある方だけどうぞ…(^3^)

【磁気共鳴する水 2】

先日、フラワーレメディ(エッセンス)を学んでいる友人との会話で、惹かれるメーカーとそうでないメーカーがある、という話になりました。

私がこれまでに気になる、使ってみたい!と思い手を伸ばしたメーカーは日本、イギリス、アラスカ。

「北」に惹かれることが多いように感じていました。

エッセンスメーカーに限らず、文化や土地もそう。

新婚旅行は北欧へ行き、こどもの頃はイギリスへ行ってみたかった。
好きだな~と思うアーティストは北の方出身が多い。
などなど。

(ユーラシア大陸の真ん中あたりも気になるけど、ここでは置いておきます(^^))

友人はオーストラリアのエッセンスに興味が湧いたそう。
そして気になる、縁を感じる土地は東南アジアだったかな。

比較して、私よりも南の方が好きなんだなと。

お互いの興味のむく土地、気になるスポット、縁を感じるエリアが微妙に重なりません。

そして、お互い気になるエリア(のお花、環境)で作られているエッセンスメーカーに惹かれることが多いな、と思ったのでした。

そこで浮かんだのが、惹かれる土地というのは、もしかしたらその土地のエネルギー、いわゆる「地磁気」と何か関係しているのでは?という考え。

自分にとって必要なエネルギーがある場所(または、その環境やそこで育つ植物から作られるエッセンス)が気になっているのではないか。

以前、アーシングセミナーで風水をお仕事にされている方とお会いしました時、確か地磁気の話になったんです。

風水的に見た「その時その場所に行くといい」というのは、地磁気を読んで出している、というお話だったような気がします。
ちょっと記憶が曖昧だけど。。

これらをまとめて考えると、エッセンスも惹かれる土地やパワースポットも、自分に足りない、または必要なエネルギーをもらうものと解釈すればいいのかも。

もともとパワースポットってそういうものだとは思いますが、実際に何故そうなのか?という話です。

理論立てて(という程でもないけど)考えてみたくって。

物理的なエネルギーを「もらう」というよりは、補正・調整してくれるものと考えてもいいかもしれない。

日々生活していると、他者や外界から色んな影響を受けますから、何もせずとも自分のエネルギーが整っている人って少ないのではないかな?

だから、その時々で補正する何かがあると、本来の自分のエネルギーに戻りやすくなる、そんな感じです。

占星術の世界では、世界地図も12のエリアに分けられることができます。
こちらはまだ対応関係を見ていないけど、何となく繋がる感じがあるので一緒に書いておきます。

続く。