planetplants’s blog

占星術×潜在意識×フラワーエッセンス 自己探求の記録と日々の雑感。

占星術とエネルギー

とある方のオンラインセミナーを受けて、印象に残った言葉たち。

 

・出生図は居心地のよいエネルギー(の場所)を教えてくれる

 

・生み出すエネルギーが大きい人(元気な人)は、近くの他者を巻き込み、相手のエネルギーも一時的に「うまく回る」ようになる。 

 

これらを聞いて思ったこと(-.-)

心も体も素の状態というか「その人らしさ」が存分に発揮できているとき、生み出すエネルギーは最大値に近いのでは?

※ここでいうエネルギーとは「気」のようなものではなく、物理的、電気的なエネルギーのことです。

 

だから、イキイキしている人の近くにいると居心地よく感じたり、元気をもらえる気がするのかな?? 

 

ここでアクセスバーズの先生が浮かびました。

先生のセッションはすごくて、はじめて受けたときすっと背筋が延び、目線がいつもより上がったんです。 

バーズは整体とかではなく、頭に触れるだけ。
オステオパシーとも違うんですよ。
どちらかというとちょっとスピリチュアル、かな😅

 

目線云々は、普段は猫背気味だったのが解消されたからだと思います。

一緒に受けたお友だちも、体感として変化があったようでした。

先生のセッションは何故あんなに効果があるのか?
最初は経験の差だと思っていたけど…

もちろんそれも大きいでしょうが、今思うと、きっと先生はかなり「素」の状態に近いのかもしれない。
単にリラックスしている、とかではなくて人間としての「素」の状態です。

 

バーズや後述のシールなどなどの影響で、余計な帯電(単なる電位としてだけではなく、感情の滞りなど)もしていないんじゃないかな~

先生は、私に「波動シール」を伝えてくださった方でもあり、めっちゃ持ち歩いたり使われたりしています。 

 

あのシールからは、テラヘルツが出ているのだとか。

先生の存在自体がもうテラヘルツなんだと思う(笑)

 

赤ちゃんは生まれたときはテラヘルツらしく、人間のもともとのエネルギーはテラヘルツ、くらいに理解しています。
(テラヘルツに関しては、詳しくありません!)

 

そしてあのシールは、とある理由からから減衰しない(効果が減らない)と聞いています。

 

巷のテラヘルツの商品(特にシール類?)は、使っているうちに効果がなくなるらしい。
それはもしかしたら、照射されたものだからじゃないかな。

 

要は転写されたものであって、物質そのものがそこにあるわけではないから、他の電磁波とぶつかり、お互いの波が干渉しあううちに消えていくのではないかな? 

 

途中、シールの話になってしまいましたが。。

エネルギーの流れは「生体磁場」と言ってもいいのかも。

 

つまり、先生のエネルギーはとても大きく、かつスムーズに流れているため、セッションの効果も最大限になるのではないかなー

そして、占星術の出生チャートがとても大事なのは、この辺りにもあるんですね。

 

「エネルギーを最大限活かすための場所」

 

メンタルだけではなく、体もその人らしく在る方法を教えてくれるからなんだな、と思ったのでした😌

 

占星術も、いつもと違った目線のお話を聞くことで、私の視点も変わり新しい発見があります。

 

元気な人のそばにいると元気になる、というのは何となく当たり前な気がするけど、それが何故なのか?

 

理屈で考えてみたかった💨
というお話です。