planetplants’s blog

占星術×潜在意識×フラワーエッセンス 自己探求の記録と日々の雑感。

伝えたかったことと、私の"セラピスト観"

怪しい話を連載しましたが、概ね好評を頂き安心しました(笑)

ありがとうございますm(__)m

 

興味を持ってくれた人がちらほらいらっしゃったので、補足として少し書いておきます。

―――――

 

私の体験は”不思議”としか言いようがありませんが、多分、誰にでも似たようなことができるんじゃないかと(^^)

 

最初こそヒプノセラピストの力を借りましたし、先生はとても素晴らしい方ですが、あくまで記憶を引き出すサポートであり、感じるのも腑に落とすのも自分です。


そして、慣れてくるとエッセンスを使ったり、時には使わなくても記憶が浮かんだり、この出来事は○○の記憶から来ている氣がする、といったように、自分の中で納得→解決できることが多くなってきます。

 

こういったことは「一部の特別な人達の特別なもの」ではない。

 

私の場合、もともと夢見タイプだったので、無意識と現実の境目が薄い自覚はあります。


でも、誰しもインスピレーションが湧く時ってありますよね。


ヒプノセラピーに出会うまで」を敢えて綴ったのは、インスピレーションに従っていくうちにこうなった、という例を示したかったからです。

 


ラクルカードに導かれた形(笑)ですが、オラクルカードはタロットよりも引きやすく、知識も要りません。


誰でも、自分で自分に引けるんですよ~

私も、特に誰かから習ったりしていません。

※この辺りは賛否両論で、自分で自分のことは引かないという方も。


本当に悩むときは、自分の中でグルグルするので、人に引いてもらうのも良いですよね(^^)

でも、日頃カードに親しんでおくと、自分の直観のトレーニングにもなって良いと思うので、個人的にオススメです♪

 

 


自分は全てを知っている

全ての答えは自分の中にある

 

この言葉通り、時に直観はそういったこと(“全て”から来る何か)を教えてくれていても、その声は小さくて、思考優位・エゴ(自意識)が強いと聴き取りづらい。


心と体の声を聞くことは、そういう意味でも大事なのでしょう。

 

もっと自分を信じてほしい、ということが伝えたいのかもしれません(^o^)

 

 

また、実際にセラピーを受けてみたい!という方に、セラピストを選ぶ際、私なりに重要だと思うところを記しますφ(..)

あくまで私の意見なので、ご参考まで。

 

先生は「セラピストがどれだけ解放されているかは大きい」と仰っていまして、セラピーがすすむほど、本当にそうだろうなと感じました。


時には宇宙の記憶、とかも、何故か出てくるんですよ…(笑)

 

ヒプノでは、セラピストの誘導が大事です。

 

人によって、私のようにイメージが浮かぶタイプもあれば、体感があったり聞こえたりする人もいるそうです。

私も生徒同士で誘導を1、2度試しましたが、これがまぁ難しい…(^^;

 

どういうゴールを目指すかを決め、出てきた言葉から質問を投げかけていく。

 

経験が浅いと、この無意識の舵取り(誘導)が難しいのではないかと。

 

また、自身の解放がすすんでいないセラピストの場合、クライアントから出てきた記憶が、自分の理解を超えていたりすると対応できませんよね?


というのも、私の先生は、ご自身のはじめてのヒプノセラピーでいきなり宇宙と繋がってしまい、チャネリングでセラピストの個人的なことをだだーっとしゃべり、セラピストがびっくりしてしまったのだとか(笑)

 


私も、初回からインチャと過去世が出てきたり、記憶があちこち行ってしまって、自分では???でしたが、先生のこれまでの経験から、どういうパターンか、また私のオーラからどういう状態かを感じとり、誘導してくださっていたようです。


時にはセラピー前の講義で、言葉により刺激して引き出してくれてもいました。

 

何だか、今日はきついこと言われるな…?という日もあり、セラピー後に理由がわかって納得。


そして、自分の深いところを見るので、倫理的に×なパターン(過去世で殺人を犯していた、とか何かダメなことをしていた場合)も色々出てくるのでしょうが、セラピスト自身がそういったことを経験していると、ジャッジしません。

 

また、セラピストを深く信頼していないと奥のものは出てきづらいように思います。


見たくないから、奥にあるのでしょう。

 

セラピーがすすむほどに、不思議すぎる記憶(笑)が出てきましたが、何だかんだ言いつつ半分リアリストな私は、自分一人では昇華できなかったと思います。

この先生なら、何が出て来ても大丈夫!と思えるのは心強いことです。

 

実際、後半は、前半のようなスッキリした感覚ではなく、何というか「魂の苦悩」のようなところが出てきました。

そして、セラピー後も何だかモヤモヤする…

 

でも、それが「ヒプノの本当の実力」だそうで、解放してスッキリ✨!というのはこどもの駄々こねと一緒。

そんなヒプノは"おままごと"です!との先生の言。

 

書いていて、思い出して笑えてきます(良い意味です!)( ☆∀☆)

 

こういう先生のプロ意識の高さ、好きなんですよね~

 

だからカードはこの先生を勧めたのか!と納得したものでした。

 


また、 適性もあるように思います。


潜在意識・深層心理、もしかすると魂の深い領域を見に行くので、一緒に潜る人(セラピスト)は重要です。

 

極端な話、自己顕示欲があったり承認欲求の強いセラピストとか、嫌じゃないですか?


これはまぁセラピストに限らずですが(^^;


「癒し」の世界って、こういうのがある氣がして。

私が治してあげる、私が癒してあげる、私が私が~、など。

 

セラピストの勉強をしている方で、あまり他人の話は聞かず自分の話ばかり、という人もいますからね。


この”私が”は多かれ少なかれ誰にでもあるでしょうが、自覚してコントロールするのが理想かと思います。

 

自覚があるならまだいいけれど、その人の存在証明のための仕事、になっていないか、そこも重要かなと。

 

今日はちょっと辛口になりました。

きっと、好きなもの、良いと思うものへの私の「こだわり」です。

 

こういったことからも、自分が見えてきますね。

そして、人の心理を見ようとするのは、幼少期の"何か"から来るものかもしれません。

私も道半ば、もしくはやっとスタートに立った感じがしています。

 

それでは今日はこの辺で(^^)


どなたかの参考になれば嬉しいです。