planetplants’s blog

占星術×潜在意識×フラワーエッセンス 自己探求の記録と日々の雑感。

よもぎ蒸しと女性性の関係

夫が帰国し、先の週末は久しぶりに一人時間がたくさんでした~✨

長男の病欠が続き、何だかんだで3週間以上こどもとみっっっちり過ごした日々…

よくがんばった(*_*)!

 

土曜日の夕方は3週間?4週間?ぶりの弓道

そのまま、ヘアカットと初のよもぎ蒸しへ直行しました。

 

もう立冬も過ぎましたから、日が落ちるのも早く、弓道場は半屋外なのもあって、その日は足が冷えてしまって。

ヘアサロンにお邪魔したときは、だいぶ冷えていたかな。

 

次のお客様との関係で、先によもぎ蒸しをさせてもらうことになりました。

数年前から知ってはいたものの、なかなか体験する機会がなかったよむぎ蒸し。

 

ヘアサロンのオーナーさんが少し前に黄土よもぎ蒸しを体験され、驚く体験をしたのもあって惚れ込み、始められることになったそうです(^^)

 

すっごく汗をかける!とか、体が温まる!と聞いていたし、ちょうど冷えていたのでワクワクしながら初体験。

 

そちらのサロンでは、プライベートスペース内でのセルフ形式で、のんびりゆったり過ごせます。

 

黄土の壺に、よもぎその他の薬草とお湯を注ぎ、ヒーターの上にセット。

 

そして、すっぽりマントを被った状態で穴の空いたイスに座り、粘膜から薬湯の蒸気を吸収させていくというもの。

 

韓国で、女性の産後ケアに使われていたのが始まりだとか?

 

確かに温かくて氣持ちよい✨

 

…ただ、足が大分冷えていたからか、30分座ってやっと温まってきたかな~?くらいでした。

私の代謝の問題もある。

もともと汗をかきにくいので(^^;

 

ただ、氣付いたことがありました!!

 

数年前から知っていた、と書きましたが、一時期流行っていませんでした?

よもぎ蒸し。

 

ネット上でいわゆる"子宮系"、女性性について発信されている方たちがよもぎ蒸しを推していた印象で、そんなのあるんだ~、と覚えていたのです。

 

その日もオーナーさんから

「女に生まれて良かった!という感じよ~(^^)」とお聞きしていて。

 

 

何故、女性性とよもぎ蒸しがセットで語られることが多いのか、その理由が分かりました。

(多分、ですけど)

 

下半身に蒸気をあてる、ということは"腰回りが温まる"んですよね。

つまり、血流が良くなる。

 

女性で、特に腰回りが温まるときって、どんな時?と思い浮かべると…

 

・生理

・男性と関係を持つとき

・出産

 

ではないでしょうか。

 

何だか、よもぎ蒸しをしていると上記の時の「体感覚」を呼び起こす氣がしたんです。

 

 

なるほど。

だからセットで語られていたのか !

 

と、1人納得してしまいました。

 

その後はヘアカットでしたが、シャンプー台に乗った辺りから、じわじわ足先が温まってきたのを感じ…

氣づいたときには眠りに落ちていました(笑)

 

体がいうことを聞かない、心地よい氣怠さ✨

 

その後、カットをしながらオーナーさんと話していたのですが、よくよく聞くと40代、50代の方がドンピシャでハマられる、らしい。

 

(確かに、私もギリギリ30代なので、ドはまり!という感じではなく、機会があればまた来たいな、くらいでした)

 

40代以降、ホルモンバランスの変化や家族関係の変化(介護とか)、何かと大変で体も少しずつ変わっていきますよね。

 

閉経は中性に戻ること、と聞きますから、徐々に女性から中性へ傾くのでしょう。

 

だからこそ、その年代の方々がはまられるのではないかな?

または、骨盤回りがとても冷えている方。

 

 

ハマる年代をお聞きして、ますます納得したのでオーナーさんにお伝えしてみたとところ、、、

 

なるほど。その発想はなかった。

深い読みね😲!

 

とのことでした。

 

女性性的に見ると、こうして頭でごちゃごちゃ頭で考えるのは違うかもしれませんが。。 

一応、体感覚で実感したんですよ。

 

とある代替療法で有名な、美し~い先生も、やはり骨盤回りは「使ってあげないとダメ!」と仰っていたし。

まぁ、この"使う"は男性と仲良く、、的な意味です(^^)

 

女性の機能的なことを考えても、よもぎ蒸しオススメかもしれません。

 

ちなみに、オーナーさんは「黄土を使っていることが大事なの!」と仰っていました。

あと薬草もね、無農薬かどうかとか。

粘膜から経皮吸収させる訳ですからね。

 

ご興味湧かれた方はお調べになってみてください♪

 

そして、その晩、昔のとある悲しい出来事を思い出しました(*_*)

すっかり忘れていた、でもかなり大きいこと。

 

女性は子宮に感情を溜める、とも聞いたことがあるので、やっぱり何か関連があるのかもしれませんね(^^)